親子

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

チンジャオ娘先生の最新作『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』がリリースされました!



娘が俺の本当の子供じゃなかった!

胸の奥に潜めていたこの感情をもう我慢する必要もなくなるということだ。

だって他人だから、俺の娘じゃなかったから!!

原作はチンジャオ娘先生、作画は小桜クマネコ先生が担当するエロ漫画『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』のネタバレや登場人物、考察など書いていきたいと思います。

表紙の男の腕を引っ張って下から見上げる娘の笑顔wがエロいです。

繰り広げられる禁断の親子エロストーリー❤️




BookLiveコミックで無料試し読みをする

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 登場人物

父親 中村俊樹

ソフトウェは会社のシステムエンジニア。

平凡なサラリーマンで勤続年数30年目にしてやっとチーム主任になった。

娘を溺愛。

娘 中村陽葵(なかむら ひなた)

一人娘。父親大好きな巨乳娘。

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので
第1話 娘がただのメスになった日

第1話のタイトル『娘がただのメスになった日』!

すごいパワーワードきた!!!ってかんじですね。

すでにエロさが漂います。。



無料試し読みはココから

BookLiveコミックで無料試し読みをする

すごくかわいく育った娘を見て、毎日幸せを噛みしめて生活していた男。

 

なんの取り柄もないけれど、かわいい一人娘と料理の上手な妻がいるだけで幸せだった。

 

娘は俺にとって唯一の希望だった。

 

「でも、俺と娘ってどこも似てないなぁ・・・」

今まで一度だって娘と俺が似てると言われたことがない・・・。

疑いたくない。

ただ、ちゃんと俺の娘だという証拠が欲しかっただけだったのに。。。

 

DNA型父子鑑定による結果

生物学的父親と認められない

DNA鑑定の結果、実の娘と信じて、ずっと大切に育ててきた娘が実は違う男の娘だったことがわかった。

大切な家族だと思っていたのに、妻は昔付き合ってた男の子供をはらんだまま俺と結婚した挙句、その男とずっと関係が続いていた。

娘とはなんの血の繋がりもない他人だったんだ。

 

ただの他人・・・

 

ただの他人・・・

 

 

なんだ、もう我慢しなくていいんだ。

 

娘がただの他人だとわかったなら、今まで自分の中になかった欲望が湧いてきた。

 

他人だったらヤっても問題ない・・・!!!!

 

無邪気に駆け寄ってくる娘を押し倒し、しっかりと俺好みに育った胸をこれから堪能しようじゃないか・・・

 

妻とは何年もしてないが、ここに・・・!

 

娘をソファに押し倒し、十分立派に育った、身体を味わおうと考えた。

 

突然の出来事に、驚きが隠せない娘は一生懸命に抵抗するけれど、押さえつけられ抗えない。

『なにするのお父さん・・・!!!」

「お前は俺の子じゃない、母親と誰か知らない男の子供だったんだ!」

と怒りと悲しみと性欲が相まった気持ちで娘に告げ、

「わかったらさっさと脱げ!」

と叫んだ。

胸をはだけさせ、

娘の体を隅々まで味わおうと、

まじまじと視姦し

たわわな胸に手を伸ばし始めた。

続きを読みたい方はこちら

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第1話感想

巨乳好き、ロリ顔好き、JKネタ、近親相姦ものと、エロ要素満載の『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』

チンジャオ娘さんのお話って、他のエロ漫画と比べて、読み込んじゃうというか、設定がしっかりしてるので読み応えがあるお話が多い気がします。

そしてしっかり毎回エロポイントが高い!

毎話毎話いいところですごくエロ盛り上がりが来るのでぎゅーーーーーーんとなっちゃいます。

 

今回のお話の見どころは妻に裏切られ、悲壮にかられている中年男が

娘だと思って大事に育てていた女の子に対し、怒り、悲しみを交えた感情をぶちまけるかのように襲いかかるところです。

嫌がる娘を押さえつけ、自分が可愛がって育ててきたからのパーツを一つ一つ確かめるかのように執拗に、手で感触を味わうかのように触り、味わっていう描写がエロすぎです。




BookLiveコミックで無料試し読みをする